エンディング分岐 イグジストアーカイヴ 攻略の缶詰

イグジストアーカイヴ エンディング分岐

イグジストアーカイヴ
【攻略の詰】

エンディング分岐 ※ネタバレ注意※

>>トップページへ戻る


※ネタバレ注意 / 一部検証中の内容を含む


不死の呪いルート

「10章 遼の決断」の選択肢で「自分が残り、みんなを帰す」を選択し、
これまでにアマツメに黒い存在結晶を"0~1つ"捧げている場合このルートに。

1つまでなら捧げて大丈夫なので、フィールドアクションの「グリード・モード」は解禁できる。


不死の呪いルートでは、ラスボス撃破後に残った各キャラを地球に還すイベントがある。
誰も帰還させていなければ、全員分の会話を見ることができる。

全員帰還させていた場合はまた別の展開に。
隠しダンジョンで仲間になるキャラはパーティに残るため4人で攻略可能。
そのため難易度は高いわけではない。

「全員帰還させてクリア」 :クリア時専用トロフィー有り

「誰も帰還させずにクリア」 :クリア時専用トロフィー有り


「決断を保留する」を選択した場合は未検証。
黒い存在結晶の条件さえ合えばこのルートになると思われる。

無限の時間ルート

「10章 遼の決断」の選択肢で「自分が残り、みんなを帰す」または「決断を保留する」または「一人で地球に帰る」を選択し、
これまでにアマツメに黒い存在結晶を"2つ"捧げている場合このルートに。

一周目プレイ時はこのルートになりがち。

内容はほぼバッドエンド。

このルートになった場合、クリア後のデータでもアマツメの間は利用不可。
利用したい場合はNEW GAME PLUSで始めなおす必要がある。

邪神カナタルート

「10章 遼の決断」の選択肢で「一人で地球に帰る」を選択す、
これまでにアマツメに黒い存在結晶を"0~1つ"捧げている場合このルートに。

内容はバッドエンド。


邪神カナタのエンディングルートの場合、クリア後に仲間からカナタに対する感情度が最低の「敵対」状態になる
(※カガトを仲間にしていた場合、カガトからカナタへの感情度は変化なし)

このクリアデータで2周目を始めた場合に感情度が「敵対」のまま引き継がれ、これを元に戻すためにかなりの感情度稼ぎが必要になるため、 邪神カナタルートのクリアデータで引継ぎプレイはやめておいた方が良い

そのデータを引き継ぎたい場合は、紫の結晶動力炉クリア前のデータを取っておき、アマツメに黒い存在結晶を2つ捧げて 無限の時間ルートに切り替えてクリア⇒引継ぎとするのがオススメ。

関連ページ

トップページ

◆エンディング分岐◆

スポンサーリンク

PAGE TOPへ