主人公別のおすすめパーティ・武器構成|サガ スカーレットグレイス 攻略の缶詰


おすすめパーティ・武器構成

おすすめの武器構成やパーティ例の紹介。いずれも個人的な考察になりますので参考程度に。

各主人公別のおすすめキャラ・パーティ構成については「なるべく早く揃えられる」ということも重視しています。


共通でおすすめの武器構成

キャラは誰を使っても戦える

キャラによってステータスにバラつきはあるが、誰を使っても主力としてしっかり運用できる性能となっているため、武器構成だけ気にすればキャラは誰をどのように使っても問題ない。ただし不得意武器(初期武器スキルが0のもの)だけ持たせないように。

また、LP回復のシステムの影響で固定5人で育成するというのが難しいため、7~8人くらいを入れ替えて運用することになる。

ただし真剣にキャラの強さを追及していくのであれば、ステータスの初期値も重要な選考基準になる。"武器種別のおすすめキャラ"も参考に。

補足

"基本的な戦術・知っておくべきこと"でも紹介している通り、このゲームの主力とも言える「杖・術」使いと、リザーブ技への対応策として「弓」使いを1人ずつ入れるのが基本形。

術使いは五行術修得用の杖を作れるようになるまであまり伸びしろが無いので、最初の内は主力として運用する必要は無い。ただし最初から優秀な「毒霧」を持っているタリアは戦術の中心になれる。

序盤のバンプ要員として長剣の失礼剣の使いやすさが抜群なので、可能であれば長剣使いの育成も(特に初周)。また、空気投げのスタンが優秀で武器強化の必要が無い体術使いも、扱いやすさという意味では優秀。

オススメ構成例

▼長剣,体術,弓,術,斧or大剣or槍

このゲームのセオリーに忠実に従うのであれば多くの人が行きつく構成。

低コストバンプや間接攻撃などバランス重視の長剣、空気投げによる低コストスタンが強力な体術、リザーブ技対策の弓、全体攻撃・毒要員の術。この4種を主軸として、あとは火力とタフさを両立できる斧・大剣・槍から選ぶことになる。

両手物理武器3種は「斧が火力特化・槍はバランス特化・大剣はその中間」といった認識。いずれもしっかりダメージを出すことができ、加えてそれぞれの武器の良さがある。
斧は単純に火力重視でなおかつかぶと割りによる防御低下が強力。大剣はみがわり効果による守備的能力もありながら、流し斬りによる行動順調整+攻撃ダウンなどで戦う。槍は斧や大剣と比べるとよりバランス重視で毒やスタンも狙えるのが特徴。

術使いは[毒霧]をメインに使用し、ミスティックワンド(水術修得用杖)でフラックスを[毒霧・生命の雨]に全振りして[吹雪]を中盤に覚えさせることを前提としている。この術を使うかどうかで術使いの印象は大きく変わるはず。毒霧を覚えた術使いがいない場合は、ミスティックワンドを作れるようになるまで保留でもOK。

▼大剣,斧,体術,小剣,弓

術を入れない際の構成例。基本はBPコストを大剣・斧の二人に回し、残りの3武器で補助をしていくような形。小剣を入れているのは主に毒要員として。毒蜂はランクを上げることで低コストで毒付加が可能になるので何かと便利。
体術・小剣枠を長剣使いと入れ替える形にするとバランスが取りやすい。ランク2、3が揃ってきたあたりで長剣はライジングノヴァ、小剣は氷雪刻で非物理属性火力もガンガン火力を出していけるようになる。

ウルピナ

初期パーティメンバー

ウルピナ(長剣),モンド(槍),ツィゴール(弓),ベアトリス(棍棒),ヤマト(大剣),杖術(ソロン),ネッサ(小剣)

おすすめ構成:初期キャラ

初期メンバーから選ぶのであれば[ウルピナ、ヤマト、モンド、ツィゴール+自由]

ウルピナは使うものとして、弓使いのツィゴールを入れ、残りをお好みでLP状況などに合わせて入れ替えて運用することになる。初回特典のアイスソードがあればヤマトは即戦力に。無くても十分に強い性能。

ソロンは初期修得している術が弱く、新しく覚えるまでにしばらくかかるので最序盤は育成しなくてもOK。

おすすめの追加キャラ

[オグニアナ]
シナリオを進めると早い段階でオグニアナ(斧)が仲間になるのでそちらを育成する人も多いはず。
オグニアナは筋力が低いので斧本来の火力が活かせないような雰囲気があるが、固有ロールにより火力が上がっており、さらに技術力が高く斧を持たせても命中率が気にならないというメリットがある。技術力が高いことにより、斧主力スキルのかぶと割り・かかと斬りの能力低下量が多いことも見逃せない。LPが低いことさえ除けばかなり優れた性能なのでウルピナ編の主力に
また、最初にアスワカンを訪れた際に戦うパワーデビル戦で確定ドロップするバトルタバール(斧)が超強力。

[エリセド]
アスワカン到着後にイベントを進めると強力な術使いであるエリセドを仲間にできる。ここまで術使いを育成していないのであればこの段階でレギュラー入り。唯一難点として、条件次第では強制離脱してしまう可能性がある。普通に進めている分には可能性としてはそこまで高くないが一応注意。

[ルイース]
イルフィー海到着後に海上騎士団の船で仲間にできる体術使いのルイースもかなりオススメ。スタン効果付きの空気投げを通常攻撃として運用し、攻撃力低下のサブミッション・大ダメージのナイアガラバスターを主力に。HP/LPも高く前衛として機能する。

[アングル]
初期弓使いのツィゴールは少し特殊な体力・LPが高い防御寄りの性能をしているので、いずれかのタイミングで別キャラに変えても良い。メインシナリオで通ることになるイルフィー海のシナリオを終わらせたあと、ニューワイズで会話することで加入するアングルに弓を持たせると活躍しやすい。

[レオナルド]
少し時期は外れるが、自由にエリア移動できるようになったらヤクサルト辺境州のロウスイで仲間にできるレオナルドもオススメ。大剣使いとしては頭一つ抜けた存在で、町を訪問するだけでいいので楽。

おすすめ構成:総合

ここまでを総合してのおすすめ構成は
[ウルピナ、オグニアナ、ルイース、アングル(弓)、エリセド]
リザーバーとしてレオナルド、モンド、ティシサック等

レオナルド

初期パーティメンバー

レオナルド(大剣),エリザベート(棍棒),ジェローム(体術),セシリア(弓),グゥイネヴィア(杖術),ガブリエル(大剣),キャスパー(槍)

おすすめ構成:初期キャラ

レオナルドとエリザベートは使うものとして、弓使いのセシリア、杖術使いのグゥイネヴィア、体術使いのジェロームの構成がおすすめ。キャラの見た目も相まってこの構成で運用する人も多いはず。

ただ、レオナルド編は早い段階から多くの強力な仲間を加入させることができるので、こだわりがなければ入れ替えた方が何かと楽に攻略できるのは間違いない。

序盤に長剣のバンプ技(失礼剣)が欲しいので、初期メンバーのままいくならエリザベートを長剣使いとして育成するのもオススメ。運動性の高い長剣使いがパーティにいるとタイムラインをコントロールしやすいので、全キャラ中屈指の運動性を持ったエリザベートは長剣と相性が良い。

追加メンバー

"武器種別のおすすめキャラ"などを参考に。

他主人公では仲間にできないウルピナ、バルマンテなども加入させることができる。
以下は早い段階で加入させられるオススメキャラ。

バルマンテ(斧):ケイ州・コハン⇒ナングーン(初期戦力として)

タリア(術):テルミナ州。時期限定なので注意

ウルピナ(大剣・長剣・槍・斧・棍棒・体術):ロニクム州・シルミウム

チアーゴ(槍・小剣):ロニクム州・パルム城

アングル(弓・小剣):イルフィー海でのイベント終了後、ニューワイズを訪れる

エリセド(術):ハイバーニア州。選択肢を間違えると加入しないので注意

タリア

初期パーティメンバー

タリア(杖術),カーン(槍),トマト(斧),スネイル(棍棒),クィーン(小剣),コンパス(長剣),ハウス(体術)

おすすめ構成

本来クィーンは小剣使いとしての加入だが、タリア編に弓使いがいないことから弓を持たせての運用を推奨。
スキルレベルを見ても弓の適正があり、全く問題無いどころかステータス・固有ロール(突威力アップ特大)とかなり弓にマッチしている。小剣の運用が少し難しいこともあり、弓使いとして育てていくと最後まで使える主力キャラになる。

タリアとカーンを入れてバランス重視でいくのであれば、[タリア、カーン、クィーン(弓)、コンパス、ハウス]の構成で。すぐに優秀な体術使いのルイースが加入するのでハウスと交代させても良い。ハウスの性能は決して悪くないが、運が悪いと空気投げを覚えるまでかかってしまうので、最初から持っているルイースの方が何かと使いやすい。

カーンは大剣での育成もアツイ。初回特典のアイスソードを運用したいのであればこのキャラで使うか、早めに加入させられるレオナルドを。

コンパスは固有ロールの関係で火力が高い反面、長剣使いとして重要な運動性がやや低めなので、強制加入でステータス・ロールの優秀なクミを長剣使いとして育てると強力。

固定ルートのユシタニア州で山賊に加勢すると仲間にできるオグニアナも当然オススメ。空気投げの成功率や動き出しの早さから体術での育成も強い。

おすすめ構成:総合

ここまでを総合しての個人的なオススメ構成は
[タリア、カーン(槍)、クィーン(弓)、オグニアナ(斧・体術)、クミ(長剣)]
リザーバーとしてレオナルドやルイース。文句なしの強い構成で早い段階で揃えることができるため、タリア編は仲間に困りにくい。

北東界外で仲間にすることのできるティシサックがカーンのわずかに上位互換的な性能をしているため(特に固有ロール)、カーンを切り捨ててしまうのもアリ。お好みで。

バルマンテ

初期パーティメンバー

バルマンテ(斧),アーサー(杖術),パトリシア(小剣),マリオン(斧),ロバート(体術),アイザック(弓),クローバー(長剣)

おすすめ構成:初期メンバー

バルマンテ編の初期メンバーはテンプレ構成を組むのがかなり難しく、キャラクターのステータス・使用可能武器など総合するとパーティバランスが非常に悪いので、早い段階で仲間を増やして補強推奨

長剣使いのクローバーの性能があまり優れていないことと、長剣適正のあるキャラは初期メンバーにいないため、強力な長剣使いを拾うことで攻略しやすくなる。

アーサーを育成・メインパーティに入れる

ここに理由は記載しないが、アーサーはメインパーティとしての運用を推奨。
毒霧を最初から覚えているので術使いの中でもかなり扱いやすい部類。

マリオンとバルマンテの両立

マリオンは高い性能を誇るので是非使いたいところだが、二人で斧を持つのは勿体ないので、バルマンテの武器を大剣にするなどの工夫が必要。マリオンはステータス・スキルレベルの関係で斧以外はオススメできない。ぎりぎり槍を使える程度だが集中力が低いので微妙。

バルマンテを忠実に斧で運用したい人も多いと思うので、その場合は斧以外持てないマリオンとの両立はかなり厳しいことになる。

補足情報として、バルマンテ編は序盤が特につらいので、すぐに加入するストルムィクネンの斧をマリオンに持たせて、一時的にバルマンテとマリオン二人で斧を使うのはアリ。

バルマンテ大剣・マリオンを斧運用するメリットとしては、バルマンテは技術力が極端に低く、頻繁に空振り=パーティ壊滅ということがあるので、それを避ける意味でも大剣にするのは悪い選択肢ではない。逆にマリオンは技術力が高めでバルマンテほど空振りをしないという意味で強い。

追加メンバー

[エアライヒ]
上にも書いてある通り、バルマンテ編では強力な長剣使いを早めに加入させると楽になるので、テルミナ州の紋章焼きをクリアしたあとに再度テルミナ州を訪れ、"ワールドイベント"を進めてエアライヒを加入させるのがオススメ。エアライヒは術使いクライサとの2択になるが、バルマンテ編は術使いに恵まれているのでこだわりがなければ必要無し。
運動性が10とやや足りてないので装備で補強すること。

[レオナルド]
全主人公共通の万能キャラ。ヤクサルト辺境州に入った段階で無条件で仲間にできる。大剣に限らず槍・棍棒・体術での運用も可能。初期メンバーのロバートに似た性能をしているが、ロールが優秀でLPが多いのレオナルドに切り替えてしまった方が良い。リザーバーとして置いておくだけでも強い。

[ジゼル]
弓使いとしての運用推奨。レオナルド同様にヤクサルト辺境州に入れるようになったらすぐに仲間にできる。
バルマンテ編初期弓使いのアイザックは運動性が7と極端に低く「先手リザーブ解除」という弓使いの役割を全く果たせないので、すぐに実用範囲の弓使いを拾いたいならこのキャラがオススメ。
技術11・運動性12・集中力11と弓使いとしての最低限のステータスを守りつつも、LPが6と地味に高いのがポイント。
ちなみに固有ロールによってウズメの恩寵が付きやすくなる(最大BP・現BPを補強するタイプの恩寵)。

[チアーゴ]
早めに加入させるにはシグフレイ編を中心に進めていく必要がある。
おそらく槍使いとして一番最初に仲間になるキャラ。技術・集中力が高く攻撃的な槍使いとして。運動性を補強して運用を。

おすすめ構成:総合

バルマンテを斧運用するのであれば
[バルマンテ(斧)、レオナルドorチアーゴ、エアライヒ、ジゼル(弓)、アーサー]
リザーバーとしてマリオン(斧)は可。レオナルドは大剣・体術・棍棒などからご自由に。

バルマンテとマリオンを両立するのであれば
[バルマンテ(大剣)、マリオン(斧)、エアライヒ、ジゼル(弓)、アーサー]
リザーバーとしてレオナルド、チアーゴ等。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

PAGE TOPへ