主人公別のおすすめパーティ・武器構成|サガ スカーレットグレイス 攻略の缶詰


武器別の特徴とおすすめ技・術

武器別の特徴、おすすめの主力技・術の紹介


共通・補足

全武器共通で言えることとして、中コスト・中ダメージの技はランクアップによるコスト低下の恩恵を受けやすく、総じて扱いやすく強力な印象。

★4の技がそれに該当することが多く、手間はかかるがランク3まで上げることで★1で使用できるのが強み。該当する武器特化の陣形と組み合わせればランク2の段階から★1で使用可能。

大剣

特徴

両手武器。主人公レオナルドの初期装備。威力重視の武器で単体に対する攻撃力が特に高く、斧に次いでダメージを期待できる。ディフレクトによる味方保護も可能。

主力技

[強撃]:★2の通常攻撃。早い段階でランクアップさせて★1で使えるようにしたい。挑発効果付き。

[流し斬り]:★3の攻撃+攻撃力ダウン効果。比較的低コストでありながらダメージと攻撃力ダウンを両立できるため使用頻度高め。行動順が早くなるので連撃にも使える。

[スイングダウン]:★4の中ダメージ技。ランクを上げることで主力として運用可能。行動順を遅くすることができるので連撃にも。

長剣

特徴

片手武器。主人公ウルピナの初期装備。斬・打・突それぞれの属性技と、インタラプト・カウンター・プロテクト技とバランス良く習得する武器。

様々な状況に対応できるのが強みだが、反面尖った性能は持ち合わせていない。

低コストバンプ技の失礼剣が特に優秀でこれが理由で長剣を使う人も多いはず。斧のハイパーハンマーを閃くことで修得できるロール「撹乱:バンプ効果アップ」を付けるとまた使用感も変わってくる。

主力技

[失礼剣]:低コストバンプ技。ランクアップすることで★1で使えるバンプ技として特に序盤~中盤に活躍する。

[音速剣]:★3の間接攻撃。行動順も早くなるため弓以外の手段でリザーブ技を解除したい時に便利。ただし弓と同じ間接突攻撃なので幅が広がるわけではない。

[デミルーン]:★3の電+斬属性。ランクアップでコストを下げることで曲剣系の主力に。電属性があるため面倒なスライム系・水棲系に有効。

[ライジングノヴァ]:★4の打・熱攻撃。技巧系の武器で修得可能。中火力技といった役割で運用しやすく、熱属性付きなので何かと便利(術使いがいない場合は特に)。ランク3まで上げればコスト1になることを考えると、優先的に使用回数を伸ばす価値がある。

[天地二段]:★5技。技巧系の武器で修得可能。コストは高いが大ダメージとスタンを期待できるのでラッシュ時に。終盤になるほど価値が上がる。

[二刀烈風剣]:★5の二刀流技。ウルピナ含む特定のキャラのみ使用可能な対象不定連続攻撃。敵が残り1体になった時に無類の強さを発揮する。対象が複数いる時はダメージがバラけるのでわざわざ使う必要は無い。

小剣

特徴

片手武器。毒・眠りなどの状態異常やバンプなど、追加効果持ちの技を数多く習得する。全ての攻撃が突属性。追加効果や状態異常が優秀である反面、火力は全体的に低め。

積極的に運用するのであればインタラプト技の割り込み順も想定して、それを前提とした戦術を組むと良い。

主力技

[氷雪刻]:★4の突冷攻撃。ほどほどのコストで中ダメージ攻撃ということで出番が多い。技術力・知力の高いキャラで使用すると中々の火力。この技がランク2,3と上がってきた時からが小剣の本番。ランク3で★1になることを考えると大変ではあるがその価値がある。

[毒蜂]:★3の小ダメージ+毒効果。低コストで使える即時毒効果、ランクを上げていつでも使えるようにしたい。毒霧運用の術使いがいるなら出番少なめ。

[金のトロイメライ]:★6の大ダメージ+詠唱延長効果。シグフレイなどの長ターン詠唱を使うボス相手に対し、ダメージも与えつつ詠唱ターン延長効果を与えられる。連撃に参加したあとなどに。

特徴

両手武器。序盤に覚えられる技に特別優秀なものが無いため少し扱いづらく感じるかもしれないが、蛟竜波の毒付加や、足払いのスタンなどが何かと便利。構成的にそれらが必要ないのであれば単純に火力武器として運用可能。一通りの技をランク1以上にしてからが勝負。

主力技

[足払い]:★3の単体攻撃+スタン。ダメージとスタンを両立したい場合に。コツコツとランクアップしていけば終盤必ず役立つ。浮遊している敵に当たらないので相手は選ぶ。

[蛟竜波]:★4の単体攻撃+毒。コストこそ高いものの、中盤あたりから機能し始める。毒霧を使える術キャラがいるなら使用することはほぼ無い。

[エイミング]:行動順は大きく落ちるがコストのわりに威力高め。ダメージを出したい時、敵を挟み込みたい時に。似たような性能のスパイラルチャージはエイミングよりやや早く動けるので、どちらも利用してうまく連撃を発生させよう。

特徴

両手武器。主人公バルマンテの初期装備。全武器中トップクラスの火力だが、全体的にコストが高く空振りの危険性も高いクセのある武器。

かぶと割り・かかと斬りによるダメージと能力ダウンを両立できるのが強み。

主力技

[大木斬]:★2の通常攻撃。早い段階でランクアップさせて★1で使えるようにしたい

[かぶと割り]:★4の中ダメージ+防御力ダウン。1段階ランクアップするだけで使用感が大きく変わる。ランク2+斧陣形を利用してBP1で振り回すと中盤戦に猛威を振るう。最終的にはランク3を目指すべき技。

[高速ナブラ]:★7の大ダメージ+行動順を早める大技。連撃成功時前提のコストではあるが強力。標準系ランク8以上の武器で修得可能。

[地獄断面]:★7の打撃インタラプトの特大ダメージ技。パワー系の斧を持っているとかなり早い段階で閃く可能性が高い。斧の火力的にザコ敵は一撃で倒せるので、状況に合わせてそれなりに使える。相手のリザーブ技(打)を引き出して逆にインタラプトするのも強い。

棍棒

特徴

片手武器。自身の能力を上昇させる技を数多く習得する。斬・打・突それぞれに対するインタラプト技を習得する。個人的な感想になるが、大技含め一通りの技を修得しないとあまり機能しない不遇武器。

主力技

[骨砕き]:★3の攻撃+攻撃力ダウン効果。比較的低コストでありながらダメージと攻撃力ダウンを両立できるため使用頻度高め。棍棒技の中では一番最初にランク2を目指したい技。

[大震撃]:打に対応したインタラプト技。低コストだが敵全体にマヒを与えられる可能性がある。ただしダメージ・マヒ成功率共に低め。

[冷徹撃]:自身の防御をあげつつ打・冷属性攻撃。武器構成によっては冷属性攻撃がかなり貴重なので、弱点を突きたい時に便利。獣系・爬虫類系に有効。

特徴

両手武器。基本的にどの攻撃も[間接攻撃]の扱いで、敵のリザーブ技(カウンター・インタラプト・プロテクト)を解除するのに非常に役立つ。リザーブ技を発動させてしまうとそこから一気にパーティが壊滅することもあるので、弓使いがいるかいないかで戦闘の難易度が大きく変わる。

最序盤から弓使いを1人育てておくとゲームを効率良く進めることができる。

中コスト技にあまり強力なダメージ系の技が無いのが難点。

主力技

[狙い撃ち]:★2の通常攻撃でありながら絶対的な主力技。早い段階でランクアップさせて★1で使えるようにしたい。弓の技構成の関係から低コストで火力を出したいならこの技を連発することになるので、ランク2,3と上げていく価値がある。

[影縫い]:★3の序盤から使えるマヒ技。マヒが有効な敵に対して一気に無力化できるため強力。ただしダメージも無く命中率は低いので安定性に欠ける。火力を出すのが難しい序盤用。

[瞬速の矢]:★4の行動順を大幅に上げる攻撃。コストこそ高いが先制攻撃できるためリザーブ技解除や連撃狙いに使える

[フレイムアロー]:火力はそこそこだが熱属性がついているため、物理3属性が効きにくい相手・熱に弱い相手に使う場面が多い。

[アローレイン]:★7の全体攻撃。コストが高いため連撃時専用ではあるが、術の全体攻撃などと組み合わせるとザコ敵を一気に壊滅させることができる。

体術

特徴

空気投げをランクアップさせて、スタン狙いの通常攻撃として空気投げを連発するのが仕事。状況に合わせてカウンターを発動したり、サブミッションで敵の攻撃力を下げたりと扱いやすい。

武器が必要ないので素材の節約にもなる。武器がないことにより技の閃きが全開放状態だが、特定の技からしか閃かないものが多く、意識して様々な技を使っていないと急に何も覚えなくなる。

タリア編のハウスなど一部のキャラが空気投げを全く覚える気配がないのは何故?

主力技

[空気投げ]:★2のダメージ+スタン。体術といえばコレ。ランク上げてコストを下げ通常攻撃代わりに。ランク2になった時の扱いやすさ・性能の良さが抜群。ゲーム開始直後からずっとお世話になるのでランク3一番乗り候補。終盤になるほどスタンの価値が上がっていくのもポイント。

[サブミッション]:攻撃力低下効果のある中ダメージ技。空気投げからの派生。

[稲妻キック]:★4バンプ効果+中威力ダメージ。電属性があるため面倒なスライム系・水棲系に有効。長剣使いがいないのであれば、道のりは険しいがランク3にする価値あり。ランク2+体術陣形でも。

杖・術

関連:"スキルレベル・ランクアップ・技と術の閃き"

特徴

詠唱時間がある反面効果も絶大で、術をどのようにして詠唱まで持っていくかが戦闘のカギとなっている。連撃に参加すると詠唱ターンを短くできる場合も。ゲーム全体を通して敵・味方どちらも状態異常攻撃が強力で、術はその状態異常を発生させられるものが多い。

対応しきれない・判断しきれないリザーブ技がある時に術の詠唱だけしてごまかすことができるのが地味ながら大きい。

おすすめしたい属性は断然"水"。早めに水属性修得用の杖・ミスティックワンド(鍛冶屋Lv6)を作り、主力の術使いに水属性術を修得させたい。真面目な話、水術以外いらないレベル。

水属性は通常攻撃代わりとして使える「毒霧」がとにかく優秀で、全体回復の「生命の雨」も序盤に修得することができ、これらを主軸とした戦術を組みやすくなる。上位術の「吹雪」も非常に強力で、BPコストが厳しいが1ターン詠唱で敵全体に大ダメージ。ランク1まで上げて陣形「マジカルシャワー」を利用することで戦闘開始直後に使用することもできる。

ミスティックワンド装備状態で毒霧・生命の雨にフラックス吸収をコツコツと続け、時間はかかるがランクアップ+吹雪の修得を狙いたい。

主力技

[毒霧]:水行詠唱1ターンの全体攻撃+毒効果。タリアが初期習得しており、1ターン目にとりあえず詠唱することで戦闘を一気に楽にすることができる。フラックスを優先的に吸収させてランク1、ランク2と上げていきたい。初期修得していない術使いの場合、鍛冶ランク6のミスティックワンドを装備させて生命の雨⇒毒霧と修得させる必要があるためそれなりに時間がかかる。

[生命の雨]:水行詠唱3ターンの全体回復・状態異常回復。回復量はそれほど高くないので全回復というよりは若干状況を立て直せる程度。詠唱が長いため連撃後に使いたいがそうも言ってられないことが多いので、ボス戦などでは3ターン先を見越して事前に詠唱しておくような運用になる。

[吹雪]:★6詠唱1ターンの全体大ダメージ術。コストこそ高いが1ターンで詠唱できる強烈な全体攻撃。ミスティックワンド装備状態で生命の雨にフラックス吸収させた時に修得確認。タリアが初期修得している主力術・毒霧と同じ水属性の術になるため、修得できれば主力として使用可能。タリアで水属性スキルレベルが18・HPは350程度の段階で修得確認。

[召雷]:木行詠唱2ターンのランダム攻撃+マヒ。単体相手だと全ヒットするのでかなりのダメージに。ボス戦などで。エリセド、ローソンが初期習得している。

[フラッシュファイア]:火行詠唱1ターンの全体攻撃+スタン。コストこそ高いものの1ターン詠唱は優秀。ただ問題点として、術使いはそこまで行動順が早くないのでスタンの価値がイマイチ実感しづらいことが挙げられる。


【確認済みの術修得用杖】

火行術:栄光の杖(グレートスタッフ系から派生)

水行術:ミスティックワンド(砂龍の杖から派生:鍛冶ランク6)

土行術:砂龍の杖(グレートスタッフ⇒栄光の杖から派生:鍛冶ランク4)

木行術:ジャウスト(ミスティックワンドから派生:鍛冶ランク8)

金行術:金行術:銀環の杖(スタッフから派生)

ウルピナ編の場合、メインシナリオで仲間になる術使いエリセドがジャウスト、ローソンがミスティックワンドを初期所持している。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

PAGE TOPへ