ウルピナ編・タリア編のラスボス攻略|サガ スカーレットグレイス 攻略の缶詰


ウルピナ編・タリア編のラスボス攻略

ウルピナ編・タリア編のアスワカン~ラスボスまでの共通攻略


ラスボスに到達するまでの行程

ウルピナ・タリア編

3つ目のパートの選択ルートプレイ中にアスワカンに行くことで、その選択ルートのエピローグ後にそのままラスボス戦へ進むことができるように。

アスワカンへ

グラディオン州のテスティカ、またはケイ州の渡し場からアスワカンへ入る。

アスワカン地下エリア

補足・注意事項

アスワカンに入ったらどの選択ルートに関わらず共通で中央の祭壇を目指すことになる。

マンホールや図書館を調べることで地下エリアに入ることができる。進入箇所は複数あり、入った場所によって戦うべき相手が変わる。図書館から入ると中央転送装置まで直行可能。

タマゴを調べてドラゴンルーラーを倒すと、その色に該当する障壁が破壊されて通れるようになる。

ドラゴンルーラー

全五行属性のドラゴンルーラーがいる。

確率か5体目を倒した時かは不明だが「傷んだ竜槍」をドロップ(5体目・水ドラを倒した時に確認)。

アスワカン地下:封印された木の精霊

封印された木の精霊を調べると戦闘。倒すことでどのような変化があるのかは不明。

情報 木HARD
蒼翼*4
ドロップ 通常報酬のみ

中央星神殿:ラスボス戦

中央星神殿

地下の転送装置を使って上がってくると中央星神殿前に出る

"中央星神殿"を調べてしまうと引き返すことができなくなる。地下エリアの転送装置を調べる前のセーブデータを残しておくことを強く推奨。中央星神殿を調べない限りアスワカンを出て探索しなおすことも可能。

今プレイしている選択ルートが何かによって、中央星神殿でのイベント内容が変化。

不死鳥編の場合はボス戦はなくそのままアイ・ハヌムへ直行する

事前準備

戦力の目安はHP平均600~700、欲を言えばもっとあって良いくらい。主力技のランクが2以上、装備品の鍛冶屋ランクが8~10はほぼ必須。戦術次第ではもっと低くても勝てるかもしれないが、余裕を持つためにしっかり育成した方が良い。

アイ・ハヌム

アイ・ハヌムに入ってきた段階でセーブデータ画面が開かれるが、事前に残しておいたセーブデータに上書きしないように注意。別のセーブ枠を使うこと。

「最後の戦い」を調べる。戦闘前に全員のLPが自動的に全回復している。

3つ目のパートにシグフレイ編を選択している場合、4連戦となり最初にシグフレイとの戦闘が入る(タリア編で確認)。シグフレイ編以外の場合ファイアブリンガー戦からスタート。ウルピナ編では一個手前の中央星神殿でシグフレイ戦になる?

以下のファイアブリンガー戦中の相手復活回数は、これまでのルート選択や行動により異なるかもしれないので注意。

シグフレイ戦攻略。
突インタラプト・打インタラプトを確認。ガード率が非常に高いが、術の詠唱ターンはガードできなくなるので攻撃チャンス。長い詠唱が始まったらあえて泳がせて一気に倒しきるか、ギリギリまで削ってスタンを与えられると良い。小剣の金のトロイメライなど術詠唱延長効果のある攻撃も有効。
詠唱ターン以外だと術・毒・連撃によるダメージが有効。
■封突の呪言:突インタラプト
■延打の呪言:斬インタラプト
■吹雪・デブリスフロー:長ターン詠唱の強力な全体攻撃
シグフレイ、水の使い魔*2
ファイアブリンガー1戦目攻略。1戦目はかなり特殊な戦闘。殴り合いにさせてもらえないので事前準備が物を言う。
HPを0にすると1回だけ完全回復する。復活のターンは相手は行動できないので、残りHPがあと少しなら総攻撃をかけると良い。
全体攻撃+高確率スタン効果のシャムスの陰影が非常に厄介。ファイアブリンガーの早さが凄まじく、並のキャラクターでは先手を取れないので、装備や陣形を使ってすばやさを補助するか、攻撃に参加しないキャラでディフレクトなどのみがわり効果のある技を使用して攻撃キャラを守る必要がある
スタン効果持ちのキャラが先手を取れれば状況は一気に良くなる。陣形ダブルコンバインで運動性の高い長剣使い・体術使い・槍使いのいずれか2人を前衛に配置し、疾風の靴など運動性が高くなる装備を持たせることで先手を取れることを確認。ただし戦闘開始時の行動順に若干運要素があり、ファイアブリンガーが初期行動となっている場合はこの時点で全滅⇒再挑戦を覚悟するしかない。
先手を取れた場合はひたすら天地二段・空気投げ・足払いを使ってスタンを狙う。事前にこれらのランクを2(できれば3)まで上げておくこと。あまりにスタンが決まらないと全滅の確率が高まってしまうが、ギリギリの戦力で挑戦しているのであれば運で乗り切るしかない。 全体攻撃+混乱のディーマージュの陰影が発動してしまうとほぼ詰み。
いずれかのタイミングでスライディングやかかと斬りで速さ低下をかけられるとチャンスになる。
[具体的な攻略例]
長剣使い(ウルピナやクミ)・槍使い・体術使い(ここではルイース)それぞれに、副装備として疾風の靴を付ける(革の靴・ダンサーシューズの強化)。運動性が落ちる装備は一通り外しておく。槍使いはおそらく運動性が足りてないのでウインドシェルも装備(サンドリア州のサッカラ訪問報酬)。
陣形をダブルコンバインにし、上記3人の内運動性の遅い2人を前衛にし素早さを上げる。もう1人はどこでもOK。
おそらくこの状態にすれば長剣使い・槍使い・体術使い3人が先手を取れる状態になる(運も絡むが)ので、天地二段・足払い・空気投げでスタンを狙う。いずれもランク3まで上げておくこと。スタンの成功率を考えるなら、技術・集中力が高く先手を取れる槍使い複数で足払いが一番?
残りの2人はレオナルドなどのみがわり持ちと、スライディング(ランク2以上)を使えるキャラを配置。BPに余裕のあるタイミングでスライディングを当てることでボスの行動順をさらに遅らせることができる。
■ディーマージュの陰影:全体攻撃+混乱
■シャムスの陰影:全体攻撃+スタン
■マリガンの陰影(突):全体大ダメージ攻撃
ファイアブリンガー
ファイアブリンガー2戦目攻略。
ファイアブリンガーのリザーブ技は最優先警戒。場にファイアブリンガーしかいないのであればそのターン無視するのも悪くない。全対応可能なのは術か打の間接攻撃(あるか不明)のみ。
サーバントを召喚されると一気に形勢が傾くので、全力でスタンさせにいって止めたいところ。
HPを0にすると2回完全回復する(タリアでシグフレイ編の4連戦の時は1回のみ復活を確認)。復活のターンは相手は行動できないので、残りHPがあと少しなら総攻撃をかけると良い。
■不動剣(斬):そのターンに食らったダメージに応じて威力が上がる
■デスブリンガー:
■サーバント系:召喚
■リザーブ・喪神無想:カウンター
■リザーブ・剣風閃:突属性に割り込み
■リザーブ・二刀荒時雨:斬属性に割り込み
ファイアブリンガー
ファイアブリンガー3戦目攻略。
2体のレーヴァテインを引き連れての最終戦。ファイアブリンガーは浮遊状態になるので足払いなどは効かない。
HPを0にすると2回完全回復する。復活のターンは相手は行動できないので、残りHPがあと少しなら総攻撃をかけると良い。
最初はクリムゾンフレア固定?3ターンの詠唱が始まるので、その間に素早くレーヴァテインを倒して連撃を発動させ、詠唱発動前にHPを0にするのがセオリー。スタンも効く。レーヴァテイン自体はそれほどHPが高くなく、みがわり状態になるので先に攻撃しないと面倒。ランクの高い音速剣・瞬速の矢があるとすぐにみがわり解除を狙える。
ここまでスタン戦法できた場合は変わらずスタン攻撃でいくか、ファイアブリンガー本体がかなり脆いので火力で押し切るのがオススメ。
吹雪持ちの術使いがいればレヴァーテインは2ターン目に掃除可能。術使いの運動性を高めてなるべくレーヴァテインより先に動けるようにしておくこと。
画面をよく見てなかったのであやしいが主人公がやられた時に復活を確認。
■クリムゾンフレア:詠唱3ターンの単体即死級ダメージ
■ヴァーミリオンサンズ:全体250~300前後ダメージ(詠唱無し)
■サイコキネシス:単体小ダメージ+バンプ?
■ぶちかまし:打インタラプト
■ファイアブラスター:単体250~300前後ダメージ
■-
ファイアブリンガー、レーヴァテイン*2

クリア後

エンディング中の後日談・戦績表示

エンディングのスタッフロールの始めの部分で、優先的に使用していたキャラの「後日談」と「戦闘回数」「修得した技・術の数」「一番多く使用した技・術」の3つの戦績データが表示される。

表示されるキャラはおそらく戦闘回数により上位順(12キャラほど)。

また、最後にファイアブリンガー戦で起用した5キャラ+ファイアブリンガーの戦闘グラフィックが表示される。

注意点

本編クリア時のセーブデータ(クリアデータ)は「次周を始める専用のデータ」になってしまうので、クリアデータで中央星神殿を調べる前のデータを消さないように注意。中央星神殿前のデータが一つも残ってない場合、これまでの冒険は続けられなくなってしまう。

引継ぎ・周回プレイ

周回プレイに関する情報・その他詳しい情報は"本編クリア特典・周回時の主人公選択"参照。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

PAGE TOPへ