ヤクサルト辺境州|サガ スカーレットグレイス 緋色の野望 攻略の缶詰

ヤクサルト辺境州|サガ スカーレットグレイス 緋色の野望 攻略の缶詰


ヤクサルト辺境州


十二星神の祠巡礼

概要

十二星神が祀られたエリア内の聖地を巡礼する。
ウルピナ・タリアは巡礼できるのは第2シナリオ以降。

巡礼が済んでいる祠に★マークが付くようになっている。
真の祠を除く全ての通常祠の巡礼を終えるとメッセージが表示されるので参考までに

レオナルドの加入について

以前はこの巡礼イベントを始められるタイミングになれば、ロウスイを訪れるだけでレオナルドが加入していたが今作は条件が少し厳しくなっているので注意。

レオナルドが加入するのは、「通常の祠の巡礼を全て終わらせたあと」から「真の祠巡礼を終える前」の時期限定。通常の祠の巡礼を全て終わらせメッセージが表示されたらすぐにロウスイを訪れ「会話」を選ぶこと。

通常の祠と真の祠を同時進行で巡礼している場合、レオナルドの加入タイミングを逃す原因となってしまうので別々に進めた方が安全。

一覧

イムキホエル 南西のイムキホエル関門
シャムス 南西のシャムスの祠
アシュテール エリア内の中央やや北側で襲われている神官を助け小麦を貰う。そこから南に進むとアシュテールの祠があるので小麦を奉納する。
テヘドラ 南のテヘドラ祠
カダ 南東のカダ祠
トゥクツ 東にあるトゥクツ祠を調べるとヤクが逃げ出すので、4頭を保護して祠に戻る
アダマス 中央右にあるシュタールの街。訪れると巡礼には「鉱石」が必要だと言われる。訪れたあとに街から右に出現する謎の洞窟に入り、奥で魔物を倒して鉄鉱石の塊を入手。再度シュタールを訪れて巡礼。
ディーマージュ 中央の湖右下のディーマージュ祠
ヴァッハ 中央北側のヴァッハ祠
マリガン 東にあるロウスイ楼
バートレット 西にあるバートレット祠を調べると巡礼には砂金が必要であることがわかる。中央南側で砂金掘りをしている人物が出現、話しかけると頼み事をされるので、そこから南にある森で戦闘。
ウズメ 一番最後に巡礼可能。中央の湖左のトゥワイ

真の祠巡礼

概要

真の○○祠というのが4つ存在し、こちらの巡礼は上記の通常の祠巡礼とは一応別イベント扱いとなっている。同時に進行できてしまうので、レオナルドを仲間にしたい場合は注意が必要。

真のウズメ祠巡礼後にトゥワイでジゼルが加入する。

一覧

真のウズメ祠 トゥワイに入って会話を選び、真のウズメについての話を聞く。やや南に行ったところに汚れた祠が出現するので掃除する。真のウズメ祠を巡礼。
真のディーマージュ祠 湖左にいる漁師に話しかけて戦闘、ダーククラーケンを倒す。湖中央に祠が出現するので湖ごしに巡礼(ディマージュの祠側から)
真のマリガン祠 ロウスイ楼に入るとイベント。謎の光がエリア北西に落ちるので調べて謎の祠(真のマリガン祠)に入る。"師子王と戦闘"。レオナルド編は条件なしでマリガン戦に進むこともできる。
真のヴァッハ祠 南西にある灯篭を調べた後、中央にある禁断の地で炎を入手。入手した炎で灯篭を灯し、出現した祠(真のヴァッハ祠)へ。

ヴァッハ神・マリガン神

特定の手順を踏むことでヴァッハ神・マリガン神と戦うことができる。

詳細は"ヴァッハ神・マリガン神"のページを参照。


PICK UP!

『緋色の野望』の変更点・追加要素まとめ

主人公別のおすすめパーティ・武器構成の考察。序盤から強力なキャラを仲間にして育成を!

おすすめ技・術

武器種別のおすすめキャラ

基本的な戦術・知っておくべきこと

おすすめの寄り道要素まとめ

敵リザーブ技・解除推奨技

仲間・キャラ加入

キャラ加入一覧表

加入条件詳細(全主人公一括)

ウルピナ編

タリア編

バルマンテ編

レオナルド編

初期ステータス・装備可能武器

初期武器種別・ステータス,宿星一覧

スポンサーリンク
攻略本情報

サガ スカーレット グレイス 公式設定資料+攻略ガイド 緋の天啓 「緋色の野望」対応 増補版

前作の最強攻略本と言われた『緋の天啓』が緋色の野望対応版となってソフトと同日に発売。前作版の公式設定資料のページではゲーム本編で直接語られなかったようなシナリオの核心に迫るような内容も掲載されていた。

システム解説

FAQ・TIPS(よくある質問・豆知識)

戦闘の基本システム

ステータス影響・種族・状態異常

不得意武器&武器の向き・不向き

技と術の閃き・ランクアップ・スキルレベル

技・術・バトルデータ

大剣 / 長剣 / 小剣 / 

 / 棍棒 /  / 体術

杖・術

陣形

恩寵

ロール

サブイベント

二刀流修行(ウルピナ編)

偽物の主人公

グウィネズ家の特殊技

ヴァッハ神・マリガン神

五行武器

PAGE TOPへ