PS4版/Vita版の違い・シェア機能|フィリスのアトリエ 攻略の缶詰

PS4版/Vita版の違い・シェア機能|フィリスのアトリエ 攻略の缶詰


PS4版/Vita版の違い・シェア機能

PS4版とPSVita版の違いや、PS4版のシェア機能についての説明。


PS4版/Vita版の違い

グラフィック

(いずれも確証のある情報ではありませんので、参考程度に)

前作ソフィーのアトリエでは、PS4版が高解像度、PSVita版はそれと比較して低解像度。

PSVita本体の液晶画面が小さいためそれほど気になるわけではないが、Vita版はキャラクターグラフィック・インターフェイスいずれもややボヤっとしていたのに対し、PS4版はクッキリと表示されていた。

両機種処理落ちが激しく、特にVita版はエルトナなど一部マップでかなりの処理落ちが発生する。PS4版の60FPSが売りかと思われたが、フィールド移動中は処理の重さの関係などからあまり活かされてる印象は無い。

価格

通常版・スペシャルコレクションボックスなどいずれもVita版の方が1,000円安くなっている。詳しい価格については"製品情報・スペック・発売日"参照。

クロスセーブ機能

PS4版・Vita版の機種間をまたいでのセーブデータ共有「クロスセーブ機能」に対応。

クロスセーブ機能の前提利用条件として、PS4とPSVitaがそれぞれ同じPSNアカウントで紐付けされていること、それぞれのソフト・本体を所持していること、それぞれの本体がネットワーク環境を利用可能であることの3点が挙げられる。

PS4版のシェア機能について

スクリーンショット共有機能 :全編可能?

ストリーミング機能 :可能

スポンサーリンク
関連コンテンツ

注目の記事!

【今作の特徴一覧】
日数制限がついに復活?無制限に遊ぶことはできるの?

公式サイト関連のリンク集

公式サイト

ガストソーシャル

公式Twitter

スポンサーリンク

PAGE TOPへ