おすすめパーティ|フィリスのアトリエ 攻略の缶詰


おすすめパーティ

時期別のおすすめパーティ構成の紹介ページ。最強のパーティ構成は?


試験期間中

フィリス / リアーネ / レヴィ / ドロッセル

試験期間中はほとんど戦闘をする意味がないが、とりあえずで組めて安定な構成。

リアーネのタイムカード式の全体攻撃「千流の弓撃」、レヴィの「ブレイドインパルス」、ドロッセルの「カブト割り・灼熱払い」(斧追加スキル)を主力に戦う。

序盤は最大HP/最大MP至上主義のようなところがあるので、装備品に引き継ぐ特性はそれらを重視すること。

フィリスはフラム、発破用フラム、レヘルン、クラフトを主力に。効果ゲージを調整して威力と範囲を上げたい。

試験合格後

現状最強と思われる構成は[錬金術士3人+1人]か[錬金術士4人]のどちらか。

錬金術士キャラはフィリス・イルメリア・ソフィー・プラフタのことで、いずれのキャラもステータスがやや低い代わりに一通りのアイテムを使用することができるのが特徴。

これまでのシリーズではアイテムよりも装備が優遇されていることが多く、「装備ゲー」だったのに対し、今作は「アイテムゲー」である可能性が強まってきている

装備・特性を理論値まで突き詰めた場合、もしかするとファイター系のキャラがわずかに上回る可能性があるが、基本的にはアイテムゲーであると考えて良い。必須アイテムである「そよ風のアロマ」を使えるかどうかというのも重要なポイントに。

唯一最強攻撃アイテムを使用可能なソフィーはどのような構成でもまず固定。

フィリス / ソフィー / イルメリアorプラフタ / アングリフ

戦術・テンプレ行動

ソフィーの終末の種火、フィリスとイルメリアのブリッツコア・無、アングリフの豪の太刀を主力に戦う。

回復アイテムはすべて「そよ風のアロマ」を使用。

キャラの選考基準

錬金術士3人に、耐久力火力共に優秀なアングリフを起用。

アングリフはスキルを一通り習得した場合、アングリフは強敵相手に全パラメータ+15%、行動後の待機時間に比例してスキル威力上昇とブレイクゲージ増加量30上昇など強力なものが揃っている。

特性も含めてHPをかなり高くすることができるので、いざという時に生き残れる性能を持っているのが特徴。

キャラの選考基準2

イルメリアとプラフタの2択。火力を取るならイルメリア、耐久力を取るならプラフタ。

プラフタはどのようなパーティ編成でも絶対に経験値が入ることと、武器の効果・スキルのダメージ軽減能力の影響で耐久力が高いことが強み。
イルメリアはスキルとして、全てのアイテムの威力が30%上昇する「努力と才能の結晶」を習得する。

ちなみにフィリスとソフィーはアイテム威力・待機時間を強化するスキルを当然のように習得するのでもちろん強い。

キャラのスキルは各キャラのサブクエストを進めていくと習得。

フィリス / リアーネ / アングリフ / ソフィー

戦術は上記の構成と基本的に変わりなし。

全員が錬金術士キャラということもあって耐久力に難があり、強烈な全体大ダメージを受けた時に全滅する可能性があることに注意。


関連:"おすすめアイテム・特性" / "おすすめ装備・特性"

スポンサーリンク
関連コンテンツ

PAGE TOPへ