共通の武器構成考察|サガ スカーレットグレイス 緋色の野望 攻略の缶詰

共通の武器構成考察|サガ スカーレットグレイス 緋色の野望 攻略の缶詰


共通の武器構成考察

全主人公共通の武器構成に関する考察。おすすめキャラの紹介ページではありません。


補足事項

キャラは誰を使っても戦える

キャラによってステータスにバラつきはあるが、
パーティバランスを考えつつも"不得意武器"さえ持たせなければ誰を使っても十分に戦うことができる

また、LP回復のシステムの影響で固定5人で育成するというのが難しく、7~8人くらいを入れ替えて運用することになるのでそのつもりで。

タフなキャラの有用性が大幅アップ

今作は追加要素の関係で強烈な攻撃を仕掛けてくる敵が増えており、HP・体力の高いタフなキャラの有用性がかなり上がった印象。プロテクト技の有用性もさらにアップ。

パーティの安定性を重視するなら、HPと体力が高くプロテクト技持ちのキャラが2人いるとかなり良い。レオナルド・カーンあたりが代表的なキャラ。

補足

このゲームの主力とも言える「杖・術」使いと、リザーブ技への対応策として「弓」使いを1人ずつ入れるのが基本形。

ただし最序盤は術使いを運用するのが少し難しいので、有用な術キャラが加入するまでは無理に入れなくてもOK。主人公のタリアや、バルマンテの相方のアーサーあたりは最初からガンガン運用していける。

序盤のバンプ要員として長剣の失礼剣の使いやすさが抜群で、このゲームの連撃セオリーを覚えるのに最適なので、このゲームを初めてプレイするなら長剣キャラも必須と言える。

武器種はバランス良く

武器種はなるべく偏らせずに持たせるのがベター。
武器種によってできること、得意としていることが違うため、武器種が多いほど打開できる状況は増えると考えて良い。

BPコストの兼ね合いもあり、火力の高い両手武器キャラを多数配置したからといってみんな動けるわけではないので、そういった意味でもバランスや役割は重要。

全武器種1人ずつ力を入れて育成しておくと、色々な状況に対応できる。

両手武器3種の使い分け

両手物理武器3種は「斧が火力特化・槍はバランス特化・大剣はその中間」といった認識。いずれもしっかりダメージを出すことができ、加えてそれぞれの武器の良さがある。

どれが優れていると言うよりは、強い両手武器が手に入った武器種を優先的に育てるような感じで
(関連="おすすめの寄り道要素まとめ")

今作からは槍にもプロテクト技が追加されているのでかなり使いやすくなっている。

共通でおすすめの武器構成

▼長剣,弓,術,両手武器+α

初心者向けのバランス重視構成。
ゲームのセオリーを理解するまでに必要な要素が詰まっている。

低コストバンプや間接攻撃などバランス重視の長剣、リザーブ技対策と火力担当の弓、全体攻撃・毒要員の術。この3種を主軸として、あとは火力とタフさを両立できる斧・大剣・槍から選ぶことになる。

前作ではプラスアルファの枠に体術をオススメしていたが、今作はあまりオススメできない。1つ目の理由は空気投げのスタン成功率がわずかに落ちていること。また、体術キャラは武器を作らなくても良い=他の装備に素材を回せるというメリットが大きいが、今作は属性結晶を斡旋所で集めやすいことと、イベントで強力な武器を拾いやすいため優先度はかなり落ちた印象

▼大剣・槍・長剣・弓・術

今作のオススメ構成。
より攻撃的かつステータスダウンも狙いたいなら、状況に合わせて大剣・槍・長剣の代わりに斧を。

プロテクト技で味方を守りつつ戦うスタイルがかなり強い、というか追加ボスの攻撃が強烈すぎてそうするしかない場面が多いため、タフさとプロテクト技を両立できる大剣と槍、万能かつプロテクト技も使用可能な長剣に、火力担当として弓と術を入れた構成。

大剣の燕返しで斬インタラプト、長剣の剣風閃で突インタラプトがあるため、敵のリザーブ技確認は打以外なら対応できる。(打を調べるのがけっこう重要なことが多いので、その場合は斧の地獄断面で)

槍をわざわざ入れているのは緊急時用の足払いによるスタン要員と、槍の代表キャラであるカーンとティシサックの2人の体力が非常に高く壁役として優秀なことから。強力な槍も入手しやすいのがポイント。

大剣の代表格はクミ。斬攻撃マスターを修得させやすく、今作は斬属性のお手ごろな大剣技が増えているため、低コストでかなり火力を出しやすい。リザーブ技解除に意外と便利な地走りも。

弓は連撃が決まった時のミリオンダラーの火力が凄まじいため、火力を出したいなら今作は必須級で強い。

術は水属性の吹雪・生命の雨・毒霧と、木属性の召雷を状況に合わせて。吹雪はランクアップでコストさえ下げれば相変わらず強力。

アントニウスのような二刀流+タフなキャラでプロテクトするとさらに守備的になるかも。

▼両手武器2人,小剣+α

上記のオススメ構成の弓・術使いのLPが減ってきた時用の構成。

小剣と聞くと少しイメージとは違うが、弓のような火力枠として起用されることが多いため、弓・術使いがLPの関係で外れた時などに起用すると存在が光る

覚えるまでが少し大変だが新技のファイナルレターが斬・熱属性。
小剣の中では唯一の斬属性であり、これを覚えると熱・冷・電の3属性を制覇できる。

▼大剣・斧・棍棒・弓・術

今作は棍棒がけっこう強そう。盾+プロテクト持ち、斬打突インタラプトによるリザーブ技の確認等々安定感があるので、最終盤に向けて育成しておくといいかも。


PAGE TOPへ